当学園のfacebookへ
当学園のブログへ
お問い合わせはこちらからどうぞ
柏の葉高等学園ってどんな学校?
たった1回の人生だからいろいろなスタイルがあっていいんじゃない?
共通の目的はたったひとつ!
「高校卒業資格取りたい人集まれ!」
進学の時期を迎えた中学生・高校を途中でリタイアしてしまった方・高校に在籍しているけれど通えていない方・働きながら資格を取ってみたい方、高卒資格を取得する方法はたったひとつではありません!
国が認めている高卒資格認定方法の中で「勉強を2番目に考えていい方法で高卒資格取得を目指せる学校」を創ってみました。
「自分の中の一番を大切にしながら高卒資格取得を目指す!」そんな思いを持っている皆さんのための学校が『柏の葉高等学園』です!
学費はどれくらい?
柏の葉高等学園は、「高等学校就学支援金制度」対象校です!
「学費のハードルもできるだけ低く!」
高卒資格取得を目指すとき、考えなければいけないのが学費のこと。
『柏の葉高等学園』は残念ながら私立の高等学校なので、学費が無償になる公立の高等学校とは異なり学費がかかりますが、学費のハードルをできるだけ下げて皆さんの思いを応援しています!
また、高卒資格取得を目指す生徒に対して国が支給してくれる「国の高等学校就学支援金」の対象校になっていますので、学費の一部を国が支払ってくれる返済不要の支援を受けることによって、さらに家計の負担を軽減することができます。
それ以外にも学納金の延納・分割納入など各種納入制度を用意して学びやすさの幅を広げていますので、学費面で進学を悩んだら、ぜひ一度『柏の葉高等学園』にご相談ください。
  1. 上記授業料の中には「高卒認定」に必要な単位履修料(74単位)も含まれています。
    (上記票の場合:1年次/26単位・2年次/24単位・3年次/24単位履修)
  2. 転入生・編入生につきまして、年間の履修単位数が本校の定めている数を超えた場合、上記授業料に加算する形で1単位につき15,000円の単位履修料をいただきます。
    (履修単位を加算する場合、年間最大30単位までが就学支援金の対象となります)
  3. 就学支援金額は、保護者様の課税額等に応じて1.5倍・2倍・2.5倍型と加算される場合もあります。確認を希望される方は本校担当者までご連絡ください。
  4. その他の費用
    教材費 約20,000円/年 学生保険 約4,000円/年 諸経費 約20,000円/年  校外学習参加費につきましては、コースにより金額の変動があります。
●教育課程表
柏の葉高等学園は、文部科学省の定めるところにより、修業年限3年以上10年以内、修得単位数74単位をもって高校卒業資格取得を目指す教育課程を組んでいます。
この教育課程の大きな特色は、文部科学省が定める規定の中でも極めて緩やかなカリキュラムを採用することにより、さまざまな環境で生活している皆さんでも、他にやることを全て犠牲にしなくても高等学校卒業資格を目指すことができる『学習の幅』を広く持っていることにあります。
その年度に修得できなかった単位があるとき、『留年』ではなく『次年度再履修』として単位の修得を持ち越すことができる制度もありますので、安心して学習に取り組んでください。
【学校DATA】
  1. 学校設置形態 通信(単位)制普通科 週1日~5日登校型
  2. 教 育 連 携 校 学校法人 国際学園 星槎国際高等学校
  3. 卒業時受有資格 高等学校卒業資格(普通科)・技能教育施設修了(自動車)
  4. 修 業 年 限 3年間を基本とし最長10年以内
  5. 卒業認定単位数 74単位
  6. 年間登校日数 60日/年 ~ 180日/年
  7. 授業時間数/日 5時間/1日 ※ 時期により短縮日課の設定有
  8. 授業時間数/年 280時間/年 ~ 900時間/年
  9. 年 間 休 業 日 日曜・祝祭日・年末年始休業・春季休業夏季休業・冬季休業・他 学校の定める休日
●時間割
柏の葉高等学園は、月曜日から土曜日までのうち、週1日~3日登校する変則登校型の学校です。遠方から通学してくる生徒もいることから、始業は10:00からと、遅めのスタートになっています。
1日の授業は5時間が基本。時間割は週によって組み替えられることが多く、時期によって短縮授業があります。
授業の特色
◆ 学 科 (一般教科)
学科の学習は提出レポートの作成が中心です。先生といっしょにレポートに書かれた問題を教科書の中から探し出して作成します。
各教科ごとに行われるスクーリングは、校外学習など、担当の先生が工夫を凝らし、学習が苦手でも単位を修得しやすいようにしています。
◆ 総合的な学習(基礎学習・書写)
総合的な学習の時間では、中学校までに習った学習の復習をする「基礎学習」と、字を書くことによって考える力そのものを伸ばす「書写」の時間を多く取り入れ、社会生活で必要とされる実践力を伸ばすことを目標としています。ここで伸ばした力が、就職試験等で役立つことは実証済み。
さぁ、まずは心を落ち着かせて筆記具を手に持つことから始めよう!
学習スタイル
柏の葉高等学園は、単位の修得方法を、全日制高校や専門学校の高等課程が採用している 「階段型」ではなく「登山型」と例えられる「単位制」を採用しています。
単位制という制度は、基本的には学年による教育課程の区分を設けない無学年制で、累積して 3年以上の在学期間と74単位以上(平成15年度の1年生から)の修得単位数で卒業が認定されます。学年制のように「科目を落してしまったから次の学年に進級できない!留年になる!」ということはありません。
ただし、卒業年次となる3年生が終わる時点で、卒業に必要な単位数74単位を揃えることができていない場合は、卒業は認められず、高校生活が延長戦となる4年目に突入してしまいますので、ご注意ください。
好きなルートで登りながら在学中に74単位を揃える登山型の学校でも、登山の途中に立ち寄らなければいけないチェックポイントがあります。
大きく分けるとチェックポイントは2種類。これが通信(単位)制高校のルールでもあるので、登山を始める前に必ず覚えておいてください。
通学方法・服装等・その他
『柏の葉高等学園』にはいろいろなスタイルの生徒が通って来ます。
だから通学方法や服装等もみんなそれぞれで大丈夫!大切なことは「通い続けて卒業すること!」 自分らしいスタイルでがんばろう!
柏高等技術学園に興味をお持ちの方は、本校広報担当者までご連絡ください。
詳しい資料をお送りさせていただきます!
2018年度募集要項
■募集学科・定員
学科名 コース名 就業年限 定員
普通科 単位制コース
(週5日登校型~週1日登校型)
スタンダードクラス
(週1日登校型)
3か年 10名
(男女共学)
30名
(男女共学)
学業就労平行型クラス
(週3日登校型)
3か年 5名
(男女共学)
学業優先型クラス
(週5日登校型)
3か年 5名
(男女共学)
チャレンジスクールクラス
(週5~1日登校日数選択型)
3か年 10名
(男女共学)
出 願 資 格 1.本年度3月卒業見込み者。
2.中学を卒業した者。
3.同等資格(中学卒業以上)を有する者。
4.本学園の学園長が認定した者。
5.転編入可。
6.新入学の場合は単願のみ。
出 願 書 類 1.入学願書・受験票(本学園所定用紙・写真2枚貼付)
2.入学選考料【選考料:20,000円】
3.調査書2通(柏の葉高等学園用・星槎国際高等学校用)
出 願 方 法 出願書類を書留で郵送もしくは、柏の葉高等学園事務局へ持参。
※平日9:00~18:00。土曜日・日曜日ご希望の場合はお電話下さい。
選 考 会 場 本学園
千葉県柏市豊四季1002-2 柏の葉高等学園
選 考 内 容 保護者同伴の面接
課題作文 ※原稿用紙はこちらからダウンロードして下さい。
出 願 期 限 選 考 日 発  表 手続締切日
第1回選考 11月1日(水) から
11月10日(金) まで
11月11日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第2回選考 11月13日(月) から
12月1日(金) まで
12月2日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第3回選考 12月4日(月) から
12月15日(金) まで
12月16日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第4回選考 12月18日(月) から
1月12日(金) まで
1月13日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第5回選考 1月15日(月) から
1月26日(金) まで
1月27日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第6回選考 1月29日(月) から
2月9日(金) まで
2月10日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
第7回選考 2月13日(火) から
2月23日(金) まで
2月24日(土) 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
追加選考 2月26日(月) 以降
定員を満たすまで
随時 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
転入生選考 随時 随時 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
編入生選考 随時 随時 受験後1週間以内 合格通知到着後2週間以内
選  考  料 \20,000
そ の 他 資料のご請求はこちらからどうぞ。
※持ち物:筆記用具、課題作文 【原稿用紙はこちらからダウンロードして下さい。】
※定員になり次第締め切らせて戴きます
通学は 抜群のアクセス!!
千葉県だけじゃなく、東京都・埼玉県・茨城県からも通いやすい柏の葉高等学園!
通学には『学割定期券』が使えます!
柏の葉高等学園は、自家用車&バイクでの「車輛通学」も可能!
ページ先頭へ
前のページへ